2011年2月4日金曜日

1番

メールの整理をしていたら、大学図書館へ依頼した文献複写料金の支払いのお知らせがあった。確認すると、工学部の教員の中で、私が年間の複写依頼料金が1番で、かつ工学部の総額の1割を占めていることがわかる。他大学に文献複写を依頼する際に、普通郵便か速達かを選ぶ中で、いつも急いで速達が多かったり、日本にない場合に海外からの取り寄せで郵便料金が高いなどで、別に論文の数とは関係ないのだが、ちょっとした驚き。


0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...