2011年2月4日金曜日

1番

メールの整理をしていたら、大学図書館へ依頼した文献複写料金の支払いのお知らせがあった。確認すると、工学部の教員の中で、私が年間の複写依頼料金が1番で、かつ工学部の総額の1割を占めていることがわかる。他大学に文献複写を依頼する際に、普通郵便か速達かを選ぶ中で、いつも急いで速達が多かったり、日本にない場合に海外からの取り寄せで郵便料金が高いなどで、別に論文の数とは関係ないのだが、ちょっとした驚き。


0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...