2011年2月22日火曜日

疲れた顔

今日は、13時から、土木学会のある委員会。最終報告書を作成する段階の読み合わせで、結局終わったのが20時半。戻る、と公言していたこともあり、大学に戻ったら22時過ぎ。帰りの途中横浜駅で簡単に食事を済ませたが特に休めたわけでなく、とにかく疲れがどっと出た。
土木工学棟に戻ったら、学生とすれ違い、私の事を、疲れた顔をしている、という。はたから見て、しかめっ面をしていたのか、ちょっと反省。見た目は重要なので、気をつけねば。ポジティブに。

藤井聡先生の「正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ」を読み終えた。この本は、「高校事業が日本を救う」の本とはまた違い、タイトルの事だけでなく、政治から土木、環境、歴史、人間の生き方に至るまで、論じられている。特に藤井先生の人間の洞察の深さに敬服。皆さんに読んでいただきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿