2011年2月5日土曜日

カレンダー続報

先月購入した、3か月表示カレンダーについて、2月になったので1枚破ろうとすると、おかしなことに気づく。2月がない。2枚目は3月から始まっている。

その理由は、このカレンダーは12枚ではなくて6枚構成であること。3か月分の表示があるが、その1枚を2か月使い続ける必要があることが、今更わかった。

1,2,3月
3,4,5月
5,6,7月
7,8,9月
9,10,11月
11,12,1月
よく見ると、1枚目の3月の下に、小さく4月のカレンダーも表示されているので、2月になっても、一応さらに2か月先まで情報がある。

月によって、上段または中段を見ることになるので、そこで一瞬考えなければならないが、それほど苦にはならないようだ。


あと、1/31に慌てて4月始まりの手帳を注文し、2/2に届いた。この手帳は2/14から始まるので、今は2冊持ち歩くことになる。新しい手帳は気持ちいい。欲を言うと、前にも書いたが、1月から翌年3月まであれば、高くても買うのになぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...