2016年12月8日木曜日

紙幣と土木 カンボジアの「つばさ橋」

まだきちんとまとめていませんが、紙幣や切手に描かれている土木構造物をコレクションしています。最近更新が途絶えている、ホームページ本体に、ページを追加していきたいと思います。気が向いたので、以下、記します。

私の所有するお気に入りは、200フランに描かれた、鉄の魔術師「エッフェル」と代表作「ガラビ橋」というアーチ橋。ユーロに移行する前に旅行中に出会って、キープしていた一生の宝です。
(↓以前の私の記事)

スコットランド発行の50ポンド紙幣も秀逸。イギリスで大量に流通しているわけではないそうですが、イギリスに留学されていたK建設のKさんに話をしたところ、見事探し当てて頂けました。心より感謝します。

昨日聞いたプレストレストコンクリート建設業協会四国支部の講演において、カンボジアの「つばさ橋」も紙幣になっていると聞き、是非入手したいと思っています。
どなたか、カンボジアにいらっしゃる方がいれば、是非。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...