2016年12月8日木曜日

今週、ある方と意見交換。

就職・採用の話にとどまらず、人は会社に入ってどう働くべきか、高専生独自の心構え、などについて意見交換をした。

さらに、その方も、50歳代後半で、今年複数個目になる技術士も受験しておられ、自己研鑽に励まれている。

私は私の故郷である香川県、四国に誇りを持ち、土木工学の観点で貢献して皆が良くなる方向に持って行きたいと心から思っている。その方からも、現在東京で働いておられても、その様なことを日々考えているとお聞きして、熱かった。

技術者愛にあふれた志を持っておられた。私もそのように近づけるよう、精進したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

若手ではありません

40歳を過ぎると、若手と呼ばれる時と、そうでないときが混在してくる。若手向けと呼ばれる研究費の多くは30代までというのも多いが、それ以外では40過ぎはまだまだ若手と呼ばれることの方が多い。 最近、学内のとあるプロジェクトに対して、思うところがあって自薦で応募してみると、残念な...