2016年12月9日金曜日

プログラミング

先月から、プログラミングの家庭教師をしている。

職場に黙って無断兼業ではなくて、小学校4年と1年の子どもたちに。すぐに、基本を理解して、自分で工夫している。独学もよいが、幅を広げるために、小学生向けの参考書も図書館で借りてきて、今はその通りにやりつつ、楽しんでいる。

プログラミングに限らないが、創造性を育むことをと思っていたので、ブログでも多数紹介してきた(紹介は余りしなかったかも)工作のステップアップとして、そろそろ次の段階に来ただろうと思い、プログラミングをスタートした。

定番中の定番、「スクラッチ」である。私も今回が初めてだったが、このわかりやすさには、大人もはまりそう。目から鱗である。高専の授業で行ってもいいかも、というぐらい良くできている。

とりあえず自慢だけして、この記事を終える。


現実逃避終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...