2016年9月28日水曜日

実験室の片付け

本日は、学科の材料実験室に関係するエリアの大掃除であった。教員も大きく交代しており、研究内容も変わっているため、とにかく不要なものを整理した。

前回のブログにも引き続き、前夜の雨、夕方からの雨の狭間に、良い天気で作業ができたことに感謝している。

木材、金属など、廃棄物がトラック4台、という非常に大きなボリュームで大変だったが、お陰ですっきりした。手伝っていただいた学生約20名には改めて感謝申し上げる。

場所は金である。不要なものを保管していても、目に見える金銭的な損失はなくても、場所が使えなくなるという損失があり、むしろその方がたちが悪い。終了時に学生に言ったことは、今回手伝ってもらった謝金はないものの、その結果として場所が増えて、研究に必要な作業ができることが、メリットでありお金に代えがたい貴重なものであると。

同じ観点で、この春~夏にかけて、3年過ごした研究室を強制的に移転したことは、不要な書類を廃棄するきっかけになってとても良かった。増え続ける書籍をどうするかは、新しい場所でも課題ではあるが、その心は忘れないようにしたい。

コンクリート系では学科最年長になってしまったので、その辺の舵取りも私にかかっている。学科共通スペースについても、よい実験室や研究環境を構築していきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...