2012年2月15日水曜日

土木学会論文集

先ほど、土木学会論文集への投稿を完了した。1月31日をデッドラインとして定めていたが、書き始めると、いろいろと困難や修正が出て、やっとのことで終えた。

実際には、1月12日にJCIの年次大会論文を出し、その後から取り組んでいて、実質に動き始めたのが1月17日だったので、1ヶ月丸々かかったことになる。恥ずかしながら完全徹夜も2度あり、本当に体力的にきつかった。論文博士の働きながら学位論文を書いている時に似ていたように思う。

きついだけでなく、書く喜び、作り出す喜びに満ちた1ヶ月でもあった。これまでの研究を単に串刺しにしてまとめるだけでなく、新しい章を作り出すところは、本当にクリエイティブな作業で、これぞ研究というのを体験させてもらった。

あと1本、土木学会論文集で書かねばならないのが残っているので、この波に乗ったまま行きたい。 ただし、体調は崩さない程度に。

付随して、統計処理等、改めて勉強したいことも出てきたので、幅を広げたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...