2010年11月12日金曜日

事業仕分け

我々も事業仕分けをすることになった。正確には収集した論文が役に立つかどうかの仕分け作業なのだが、短時間で沢山の論文を読んで、メンバーが集まった場で短時間で、この論文は研究と関係あるか、あるとしたらどの内容が関係しているのか、2番ではダメなのか、などをジャッジする。今日は、午前9時から3時間で30編の仕分けをする予定が、色々議論していると結局18編でタイムアウトになった。全部で100編ほどあるということなので、しばらく続く。

午後、研究室に導入した塩分滴定装置を動かし、コンクリートの塩分濃度を計測した。そのために共同研究センターの部屋を借り、9月に機器を購入し、10月に東大にお世話になってレクチャーを頂き、本日やっと自分たちで塩分滴定を行った。色々手戻りの連続だったが、ここで1回やったことで色々と改善点も見えた。昨日、無理にでも今日に設定しておいてよかった。担当した学生も手ごたえがあったようだ。お疲れ様。ちょっとした疲労感と満足感で建物を出たら、夜風が寒かった。もう冬だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...