2010年11月15日月曜日

APECと共に

この土日は横浜でAPEC開催ということで、みなとみらい地区は厳戒態勢(立ち入れる所にいる限りではそこまでは感じないけれども)になっておる中、たまたま2回も地区に足を踏み入れた。

私を除く家族3人が、友人との旅行で熱海に一泊することになり、多分、子供が生まれて以来はじめてである私が留守番するケースとなった。昼前に駅に車で見送りに行ってから(改札を見送ったのが12:15)、翌日昼(12:10に電車到着)ということで、残された時間は24時間。まさにドラマ「24」の世界だった。

何をしたか。まずは、ここ数年来行きたかった、横浜開港資料館へ。行ったことあるつもりだったが勘違いで、今回が初めてだった。歴史の流れと、横浜の地理を改めて確認した。殆どのことは、本を読んで知っていたことであるが、有名なペリー来航の絵に書かれている右側の建物に生えている楠が、その開港資料館の中庭に生えているそれそのものだとは、驚く。横浜市内でよく見聞きする地名も、江戸、幕末とずっと続いてきたことを認識すると、感無量だった。大学生のときに行っても、何かわからなかったろう。

とはいえ、規模の小ささにある意味驚き、先日の生麦事件参考館館長の浅海氏の2時間の講演会の濃さと比較してしまった。開港資料館が決して薄いとは思わないが、そのあたりの内容も加えて欲しいと思う。開港・横浜に焦点を当てている資料館なのだろうが、幕末の話は薩長や江戸に奪われてしまうのか殆ど記載が無く、展示内容が、ペリー来航からいきなり大政奉還となったのには驚いた。

1時間程度で展示を見て、ぶらりと散歩。歴史の重みを感じながら日本大通を練り歩く。時間が無かったので、数年前に訪れた都市発展記念館はパスした。シルクセンター博物館、新聞博物館も行こうかと入り口までは入ったのだが、なぜか展示内容の説明が一切無く、入場料500円位としか書かれていないのは、時間が無い身としてはがっかりしたくないと考え、やめた。時間があれば、地元民としてそれは行きたいのだが。その辺、果たしてちゃんと営業努力をしているのだろうか。観光向けのガイドブックには記載はあるのだろうけれども。

続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...