2016年1月5日火曜日

小総括

前回のトピックが、新年はじめの投稿にしては半分ネガティブな話題だったので、明るい話題を最新にしておく。

2015年を振り返ると、コンクリート品質確保の委員会にも所属して、色々と全国足を運んでいたことを、私のホームグラウンドの香川県で建設協同組合の方々への講習会として実施できたのは、1つの成果であろう。その後の展開に結びついていし、まだ批評の禊(みそぎ)は受けていない。また、講習会だけを行って自己満足するものではない。しかし、一歩を踏み出さないと二歩目はないわけで、よって、ポジティブに良かったと捉えよう。

エジソンも、成功の秘訣は、成功するまでやることと言っている。1万回失敗したではなく、成功しない法則を1万個発明したのだ、という。


香川県コンクリート診断士会準備会の方も、当初想定していたゴールとは異なるが、メンバーが納得する方向で開花しつつある。


もうひとつ個人的に大きかったのが、技術士の受験であった。筆記試験の突破は、きちんと勉強も対策もして、かつ実力も付いたという自負はあった。だが、面接に至っては、模擬面接を受けて、(初めてお会いしたが、ボランティア的にやっていらっしゃる、土木の先輩技術者でもある)講師から、有益な指導という正しい批判を戴くことで考え方や方向性の修正して、無事12月に面接を終えた。結果発表の3月まで待たなければならないが、ある資格試験を受けるということは、自分自身を見つめ直すタイミング、すなわちフィードバックというか、PDCAサイクルなのだと改めて思った。博士を取得するモチベーション、その時の苦労や成長とオーバーラップした。


今年は6月についに40歳になる。例えば助成金の応募も40歳未満限定、のものに多数助けられていたのが、本当の意味での大人?になる。頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿