2016年3月1日火曜日

4年目の始まり

そういえば、3年前の本日3月1日は、私が香川高専に着任した日です。本日が、実質4年目の初日でした。

この日は、卒論の追い込みで忙しいこの時期に、これまでを振り返る特別な日になっているような気がします。

1年目の終了のブログ

ただし、2年終了時のブログ記事も、facebook記事もないことがわかりました。1年坊主でしたが、ちょっと日付が近いのが、こちら。

2年目の終了頃のブログ


3年目が終了しての総括はどうか、ということですが、現在は、相変わらず、各種年度末の締切り、各種委員会などが重なり、多忙を極めているところですが、本日、非常に嬉しいことがありました。技術士試験の最終合格発表日が本日だったのですが、無事、合格しました。

後は登録手続きが完了すると、「技術士(建設部門)」を名乗ることができます。現時点では、技術士試験合格者であって、まだ技術士ではありません。もう少しの辛抱です。

今年6月に40歳になるので、何とか30代に滑り込むことができました。

合格発表の官報を見ていると、大学の同期であったり、知り合いの技術者の名前もちらほらある中に、私が横浜国大の時の教え子の名前も多数。同じ時期に初回合格というのは微妙な所ではありますが、彼らも頑張っているし、私も抜かれないよう、もっと頑張ろうと思いました。


他の業務も目白押しで、余り振り返る余裕はないので、とりあえず、この辺で筆を置きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...