2014年6月29日日曜日

おもてなし

JCI年次大会の初日の若手懇親会の主担当と、2日目のオフィシャルな全体懇親会の裏方を担当しています。

若手懇親会の案内は、以下のウェブーページに集約しています。
https://sites.google.com/site/jci2014wakate/

事前申し込みは延長していますので、まだ、参加は大丈夫です。 参加予定者のリストも公開しています。



若手懇親会への思い、コンセプトは、前に書いたとおりですが、本日初めて現地を訪れました。学会会場から1kmぐらい離れているのが難点ですが、会場自体はとてもすばらしいところでした。


地名では北浜町、「北浜アリー」と呼ばれる一体は、「瀬戸内海に面した路地裏の倉庫街」というキャッチフレーズ(そのまんまで、ひねりはないが)のようですが、文字通り古くからの倉庫を、改装してカフェやショップとして利用しています。

今回の会場「カフェスタイル ハヅキ」は、知名度のある「北浜アリー」から離れた、現在はNYギャラリーと呼ばれている場所のようですが、建設が昭和16年の穀物倉庫(築71年)であり、それを改造して、カフェとして利用しており、結婚式二次会などの貸し切りパーティーとしては定評があるようです。

2階建てで、その動線もそれほど悪くなく、100人ぐらいの立食でも十分通用するようです。歴史の重厚さも感じつつ、使い勝手も悪くない、そんな素敵な会場でした。階段の上に、ディスプレイもあり、いろいろと出し物に使えそうです。

以下、写真で紹介します。

外観はこんな感じです。壁をツタが這っています。

内部は、お花屋さんとカフェが入っています。

入り口の建物表示です。昭和16年建築。穀物倉庫として使われていました。

1階から見上げた様子。1階と2階、この写真の部分が会場です。

階段の様子。
2階のフロア部分。
2階のフロアから1階を見下ろした様子。奥の花屋さんも一体なので仕切りがなく、開放的です。


というわけで、参加される方、ゆったりとした会場で、お待ちしています。お楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...