2011年12月6日火曜日

失念


会計処理に関して、書類の提出が遅いと書類でお咎めがあり、始末書(のフォーマットが既にできたものが学内便で届く)に、ごめんなさいと心で思いながら、サインする。そのフォーマットには、「提出を失念しておりました」等計4つの理由が選択肢として書かれており、もちろん「失念」を選択して書類が完成した。

という作業をしたのが3週間前。先ほど、未提出のその書類を発見してしまった。

その書類の上に、さらに付箋で、「記入後に提出を失念していました」、とお詫びのコメントを入れ、きちんとポストに投函した。


さらに、ある学部から、ある研究に協力のアンケートがあり、その時たまたまやってみようと思って、時間をかけてアンケートに記入して封をしたところで、学内便のポストに入れるのを忘れていたのを、先ほど見つけた。提出締め切りは12/2だった。そのまま古紙回収箱へ直行。残念。


自己嫌悪。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...