2016年11月26日土曜日

【作品No.7】数字のオブジェ「9」

我が家は、正確には妻の実家では、子どもの誕生日の際には部屋に飾りをすることが続いていて、うちの娘、息子の誕生日には、変わらず飾り付けを行っている。

で、名前やら、年齢などをかたどったデザインとするのだが、殆ど妻や子ども任せにしていたこともあり、2015年11月の娘の9歳の誕生日に、「9」の数字は私がデザインする、と宣言した。

単にデザインが優れている、というのは面白くないので、娘のことを思いながら考えてみた。

ということで作り始めたのが、これ。











誕生日の飾りは、このぐらい気合いが入っています。9以外は、妻の作品。



で、10歳になっても、「9」だけは、今秋からできた自分の部屋に飾ってくれている。





0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...