2015年12月16日水曜日

モンベル40周年

11/26(木)の夜なので、だいぶ前の話題だが。

モンベル という登山用具メーカー(今はアウトドア全般)が今年で創立40周年ということで、全国8箇所でイベントが開かれていた。8ヵ所目が高松ということで、アナウンスのあった春頃から楽しみにしていた。

1992年に高校山岳部に入部してから23年。登山用具としてモンベルとは長いおつきあいをしてきた。魅力あふれる製品に魅了されつづけてきたとも言えよう。モンベラーである。当然その製品を作る会社も魅力的で、社長の辰野さんも、魅力的な方である。数々の登山記録を持つ方である。

サンポートホールで行われた2時間の会に参加して、本当に良かった。忙しい中、ダメかと思ってキャンセルしようと思っていたが、モンベル信者なのでといい聞かして、参加した。

辰野社長、ゲストの野田知佑さんの話。何かを成し遂げた、信念を持ってやり抜いている人の力は素晴らしい。改めて、元気を頂戴した。さらに、それまで存在を知らなかったのだが、ゲストで来ていた、かわしまあなむ さん(故河島英五氏の娘さん)の歌にも心を揺さぶられた。私は生まれてこの方、歌手のコンサートには行ったことがない。30分弱のミニライブだったが、感動して涙を流した。中島みゆきの「糸」はツボにはまった。今後条件反射で泣いてしまうかもしれない・・・。忙しい最中だったので、色々顧みることがあったのだと思う。

2時間の心の洗濯をして、また日常に戻った。辰野社長のサイン本はまだ読めていないが、冬休みには何とか読みたい。

子どもを連れて、山に行こう。下の息子は来年小学校に上がるし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...