2015年4月14日火曜日

嬉しいこと

4月に入り、新しい学期が始まっています。

本を読もう、ということは、しきりに授業中に語りかけています。ただ、昨年は、それが学生が借りることに繋がらなかったように思います。

物事が上手くいかないというのは、相手に非があるよりも、自分に至らぬ点があるという現れだと思い、もう少し歩み寄ることが大事かなと気付き、昨年度の途中からアプローチを変えています。


今年は、授業中に本を紹介することについて、幾つかのアプローチで行いました。詳細は省きますが、結果として数日で、述べ3名の学生が訪れてくれて、借りて行きました。

たまたまだったのかもしれないし、その辺はよく分かりません。ただ、こうやって来てくれることは何かを感じてくれた現れなのかなと思い、まずはそれだけで幸せです。


4月に入って殆どの授業でやり方を変更しているので、まだまだ自転車操業ですが、こうやって反応があると、頑張ろう、と元気が出てきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...