2015年4月14日火曜日

嬉しいこと

4月に入り、新しい学期が始まっています。

本を読もう、ということは、しきりに授業中に語りかけています。ただ、昨年は、それが学生が借りることに繋がらなかったように思います。

物事が上手くいかないというのは、相手に非があるよりも、自分に至らぬ点があるという現れだと思い、もう少し歩み寄ることが大事かなと気付き、昨年度の途中からアプローチを変えています。


今年は、授業中に本を紹介することについて、幾つかのアプローチで行いました。詳細は省きますが、結果として数日で、述べ3名の学生が訪れてくれて、借りて行きました。

たまたまだったのかもしれないし、その辺はよく分かりません。ただ、こうやって来てくれることは何かを感じてくれた現れなのかなと思い、まずはそれだけで幸せです。


4月に入って殆どの授業でやり方を変更しているので、まだまだ自転車操業ですが、こうやって反応があると、頑張ろう、と元気が出てきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...