2015年1月23日金曜日

活発に

このブログはメッセージを伝えると共に、私を知っている人や研究室の現況を伝える意味もあるので、書くための敷居は下げねばと思っています。

1つ大きな報告としては、先日1/12に、高松市の牟礼港のコンクリート桟橋の調査に行ってきました。

実施に当たり、関係各位のご協力に感謝すると共に、1年かけて研究室学生と共にここまでやってこれたことに感謝しています。

装置の詳細は見せられないのですが、何か頑張っているという写真を紹介します。

で、明日は、調査のための許認可に半年を費やした(実際に動いたのは、短いのですが)、高松港の桟橋の調査です。学生は夜遅くまで準備を頑張ってくれました。不安もありますが、初の船からの測定は楽しみです。






0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...