2013年2月28日木曜日

卒論終了

本日は、卒業研究審査会。とにかく、皆頑張ってくれました。最後の3日間の4年生の伸びは素晴らしく、また、それを支える先輩もとにかく必死でした。私も、急ぎの案件が集中して十分には参加できなかったけれども、できる範囲でアドバイスに参加したつもりです。とにかくここ数日は皆が必死でしたね。

夜は恒例の打ち上げ。例年になく、泣いてスピーチする学生も多く、とても感動的でした。私も何度か涙を誘われました。

私の最後の勤務日ということで、温かいお言葉と、色紙と花束を戴きました。色紙の寄せ書きは、まだ読むシチュエーションでないと言い聞かせ、まだ読んでいません。というのは、明日は朝9時から横浜国大最後のミーティングが3件ほどあり、午後には本当に横浜国大を去ることになります。本当に最後の最後まで慌ただしくなりそうです。

明日は19:30のお台場の有明埠頭発のフェリーに乗って、関東を去ります。男一人ですが、そのシチュエーションに感傷的になりそうです。横浜を過ぎる頃、ベイブリッジを見ながら、色紙を読もうかな。


今午前2時前。片づけのため、まだ大学にいます。これからタクシーで家に帰り、7時間後にはまたここに居なければならないとは。


※補足:半年前の時点では3/1に審査会が予定されていましたが、学科の都合で2/28に変更になりました。車を持って3/1に赴任できないので、3/1はまだ横浜にいます。新しい職場の初出勤は3/4です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...